Ortelius

スポンサーリンク:
ソフトウェアのスクリーンショット:
Ortelius
ソフトウェアの詳細:
バージョン: 2.0.7 更新
日付のアップロード: 25 Nov 17
開発者: Mapdiva
ライセンス: シェアウェア
価格: 399.00 $
人気: 22
サイズ: 88506 Kb

Rating: 3.7/5 (Total Votes: 6)

スポンサーリンク:

Orteliusは、特に地図デザイン向けのフル機能のベクター描画アプリケーションです。道路、川、海岸線、建物、シンボル、輪郭などのフィーチャを直接描画します。 Orteliusは、ユニークな「接続可能なトラック」と面白い地図機能を簡単に描画できる専門的なスタックスタイルで知られています。すべてのオブジェクトは、テキストラベルで参照できる属性データをサポートしており、すべてをドラッグアンドドロップするだけで直接描画および配置できます。


Orteliusは強調してGISではありませんが、シェープファイルのインポートを制限されています(最良の結果については、ドキュメンテーションを参照してください。再投影はサポートされていません)。パワフルで広範なテキスト機能により、ラベリングをきめ細かく制御できます。独自のスタイルやシンボルを作成するか、何百ものビルトインを使用します。レイヤーとレイヤーグループで作業を整理します

このリリースの新機能:

MacOS 10.13 High Sierraのリリース

変更:ラウンドアバウトが、現在の親トラックと同じスタック位置(zオーダー)に挿入されるようになりました。

変更:置き換えられたシンボルはテンプレートを使用します。

変更:Artboardは、Orteliusバージョン2の一般的な修正や変更を含め、Orteliusと同じビルドレベルになりました。

変更:アイコンとテキストラベルのタブレンダリングが解像度の2倍で実行され、網膜画面の外観が改善されました。

Enhancement:ArtboardのPaste In Placeコマンド(option + command + V)がOrteliusに追加されました。

バージョン1.8.1の新機能:

バグフィックスを含む重要なアップデートです、いくつかのきれいなトラックツールの改善、およびスーパーテキストスタイルの強化が含まれます。

要件:

Mac OS X 10.6+(Snow Leopard)以降(フルスクリーン、レジューム、オートセーブ、バージョン機能には10.7以上が必要、RetinaディスプレイアイコンにはRetinaディスプレイが必要なMacBook Proが必要)

2 GHz Intelプロセッサ2+ボタンスクロールマウスiSight / FaceTimeカメラまたはWebカメラ(Picture Taker機能に必要)Magic Track Pad(ズームジェスチャーに必要)

ペンタブレットサポート

トレイルバージョンは完全に機能するウォーターマーク付きのバージョンです。ソフトウェア。有効なライセンスファイルによってウォーターマークが削除されます。

スクリーンショット

ortelius_1_8338.png

同じようなソフトウェア

ApproxMap
ApproxMap

13 Dec 14

MapTricks
MapTricks

22 Nov 14

MacTopos Iowa
MacTopos Iowa

2 Jan 15

開発者の他のソフトウェア Mapdiva

Artboard
Artboard

25 Nov 17

へのコメント Ortelius

コメントが見つかりません
コメントを追加
画像をオンにする!