Lepide User Password Expiration Reminder

スポンサーリンク:
ソフトウェアのスクリーンショット:
Lepide User Password Expiration Reminder
ソフトウェアの詳細:
バージョン: 14.05.01
日付のアップロード: 9 Dec 14
開発者: Lepide Software
ライセンス: シェアウェア
価格: 1.29 $
人気: 4
サイズ: 12286 Kb

Rating: 4.0/5 (Total Votes: 1)

スポンサーリンク:

を更新GUI、クリーナーインターフェースで使いやすい画面は、Lepideユーザーパスワードの有効期限リマインダーソフトウェアの種類を最大限に活用。ユーザーはパスワードの有効期限が切れそうであるだけで彼/彼女のメールボックスでパスワード変更通知を取得します。ソフトウェアは、すべてのユーザのパスワードの状況に強化されたレポートを提供します。ソフトウェアは、パスワード有効期限が近づいて起こっている、パスワード期限切れになることはありませんユーザーは、期限切れのパスワードを持つユーザーは、最近のログオンの失敗、パスワード変更の報告とパスワード変更は次回ログオンレポートでユーザーを含むレポートの6種類を生成します。必要に応じて、これらのレポートはCSV、HTMLおよびPDFフォーマットすることができます。



LUPERスケジュールおよびさまざまなパスワードリマインダ上の通知を受信するシステム管理を可能にします。ユーザーがパスワードを変更する必要があり、作業性と生産の遅れを回避するときには覚えのトラブルを軽減します。ユーザーはつまり、ソフトウェアは簡単にAD環境で動作し、何の補助ダウンロードを必要としない。さらに、ソフトウェアは、一元的に管理することができる。ソフトウェアはまた、コンプライアンス問題を維持し、パスワードの有効期限の問題の制御を維持するのに役立ちます。


Lepideユーザーパスワードの有効期限リマインダーソフトウェアは、15日間の無料トライアル版で提供されます。ユーザは、システム上でインストールした日から15日間、無償で単一ドメインをダウンロードして追跡することができます。ソフトウェアの制限の無料を使用するためには、Lepideユーザーパスワードの有効期限リマインダーのライセンスを受け版を購入。パスワードの有効期限のリマインダーツールは、MSのExchange Server 2013、1020、2007、2003年および2000年と一緒に2013年、2010年、2007年、2003年および2002を含むMS Outlookののほぼすべてのバージョンのソフトウェアは、すべてのWindowsの8、7、Vista上でインストールすることができますサポートしていますXP(32ビットおよび64ビット)、Windows Server 2008 R2のは、Windows Server 2008(32ビットおよび64ビットの両方)およびWindows Server 2003(32ビットおよび64ビット)。

<このリリースで> <強い>:

バージョン14.05.01は現在更新されたGUI、高度な機能と優れたパフォーマンスを提供します。ソフトウェアは、現在、サービスとして実行され、システムがログアウトしても、スケジュールタスクを生成するアラートとランを維持します。

の制限事項の:ます。

15日間のトライアル

サポートされるオペレーションシステム

同じようなソフトウェア

開発者の他のソフトウェア Lepide Software

へのコメント Lepide User Password Expiration Reminder

コメントが見つかりません
コメントを追加
画像をオンにする!